内装工事計画で大切なこと

 

 

 

 

 

物件の魅力と耐久性アップを考えた

長期的な再生(リノベーション)計画をきちんと考えていますか?

 

大家さんは、賃貸している物件に空室が発生したら、 速やかに物件の原状回復をして入居者を探そうと考えることと思います。

そこで、内装工事業者はどうしようか・・・?

今までお願していた不動産業者に紹介して貰い、不動産業者に入居者を探してもらうのが良いかな!

業者選びから、内装工事までお任せしている大家さんもいらっしゃるかもしれませんが、大家さんにとって内装工事は、費用も勿論ですが、内装工事をすることに依って部屋の魅力をアップし、高い家賃での入居者を獲得することが目的ですので、他人任せでは良い結果がでません。

 

ですから、内装工事の計画が大変重要になってきます。

 

  工事内容について

 

大家さんの内装工事については、自分で居住するマンション居室のリフォームやリノベーションと違い、内装工事の予算金額に限りがあります。

低コストで魅力を与える内装をするということが重要となっているからです。

 

マンション居室のリフォームやリノベーションをする時に次のように工事を分けることが出来ます。

 

  • 原状回復
  • キッチンリフォーム
  • 浴室・風呂のリフォーム
  • トイレリフォーム
  • 玄関廻りのリフォーム
  • 和室・洋室のリフォーム
  • 間取り変更
  • スケルトンリフォーム

 

物件の状態によって内装する場所・方法・工事のグレード・次回内装工事時に廻すというように工事内容を選択することができます。

 

築年数が新しく、今までの入居者が丁寧に使ってくれていた場合は、原状回復でも基本的な工事である貼る・塗るとか、和室が有れば畳張替・襖張替程度の内装工事で済みます。

入居者の使用状態によっては風呂・トイレなど設備の交換が生じることが有ります。

 

築年数が経過している物件だったり、空室期間が長期に渡っている物件については、貼る・塗るだけの単純な原状回復だけでなく付加価値を与えて再生する、それもなるべく今あるものを生かして大幅改装することを選択しなければならなくなってきます。

 

あくまでも、マンション居室の内装は、魅力ある物件に再生するために行います。

そのためには、物件が所在する地域は単身者が多いのか、ファミリー世帯が多いのか、年代はいくつくらいの人が多いのか、性別ではどうなのか・・?

 

大家さんは、これらのことを知らなければなりません。

 

そして、どの入居者層に向けて部屋を作るのかを決める。

 

その入居者層に合った効果的なリノベーションを行うことが重要です。

 

内装費用についても、2年での回収が目安と聞きます。しかし、築年数が経過して長い間空室が続いていた物件などは、原状回復レベルのコストをかけるのでなく、入居予定者層の要望を取り込んだ大幅なリノベーションをして、付加価値を付けなくては入居して貰えません。

 

これからは、経営センスのある大家さんが望まれています。内装工事も短期的な原状回復だけを考えるのでなく、物件の耐用年数も考えた長期的なリノベーションも考慮していかなければなりません。

このためにも、有効なアドバイスのできる内装工事業者の選択は重要事項となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です