見積書のチェックポイント

 

詳細なヒアリングと物件の現地調査の後、正式な見積書が出ます。

 

この見積書ですが、総額いくらということだけしかチェックしない方が少なくありません。正式な見積書を出して貰ったら、最低でも次の項目をチェックすることが大切です。

 

「一式」という表現

見積書の中に、一式という表現があったらチェックが必要です。

見積は、きちんとした価格の理由があって作成されています。

 

ですから、「一式」という表現があった場合は、「一式と明記されている内容を教えて下さい」と業者に言って、きちんとした内訳を説明して貰うことが大切です。

 

提案してきた施工方法にした理由と見積項目のチェック

見積書は、図面や現場情報を基に、すべての必要コストを計算して算出されます。

 

ですので、図面や提案してきた施工方法のどの部分が、見積書のどこの項目に当たるのか、「どんな材料や商品を使用するのか」、「数量や単価は、いくらなのか」、「どこまでが見積書の工事範囲でどこから別途や追加工事となるのか」など、仕様や数量が詳細に表記されているかチェックしてみて下さい。

 

見積書に対する説明

見積書を出してもらったら、必ずその見積書について説明を求めるようにすることが大切です。上記2点に注意して、きちんとした説明を受けることで、こんなはずじゃなかったと言う後悔や、お互いの考えのずれを未然に防ぐことが出来ます。

 

内装工事(リフォーム)業界は、価格や相場が曖昧ではっきりしない業界です。

 

ですので、内装工事(リフォーム)業者・外壁塗装工事業者も、曖昧なことを良しとして、「あまり知識のない大家さん」や、「お金を取れる大家さん」など、“お金を取れるとこから取る”という考えの内装工事業者・外壁塗装工事業者が存在するのも事実です。(もちろん、誠実な内装工事業者・外壁塗装工事業者が大半です!)

 

そのような、悪質な内装工事業者・外壁塗装工事業者に、お金を必要以上に請求されないためにも、思ったことや、疑問点はきちんと業者へ伝えることが本当に重要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です